にゃんこ中毒

あまぎの同人情報&音楽とか麻雀とか猫とか萌えの雑談

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サマソニを説明してみる、の回

突然ですが毎年きゃっきゃと私が騒いでいるサマーソニックというイベントを解説してみます。笑

サマーソニックというのは2000年からスタートした、クリエイティブマンというところの主催のロックフェスティバルの事です。
毎年8月に幕張メッセ&千葉マリンスタジアムで2日間によって行われます。

ロックフェスというと、いろいろあるのですが、サマーソニック(略してサマソニ)の特徴は、洋楽のバンドが7割を占め、有名どころ(と言っても、多くは90年代以降の活躍するバンドが多い)~若手とさまざまなアーティストをジャパンマネーに物を言わせて招致する都市型ロックフェスといのが特徴。


邦楽のロックフェスだと(私は行ったことないけど)大体毎年サマソニより1~2週間前に「ロッキングオン・フェスティバル」というのが茨城でやってます。これも毎年かなりの豪華さだよね。
エルレとかバンプとか筆頭に。

で、今年はサマソニ10周年ということで、2日間開催が3日間開催となり、「ヘッドライナー」と呼ばれる、一番大きな会場でトリを務めるアーティストの1人にビヨンセの登場が先日決まり
サマソニFANからはビヨンセの登場に「ええええ?」となっております。

samasoni.jpg
1番大きな会場には3万人~4万人くらい入るんじゃなかったっけ?
球場なので、野球するところにステージ作ってやるんですが、ステージ前のアリーナはオールスタンディングのため、誰でも入れます。
そして、真夏の開催なので、アリーナ前方には消防車の放水並みの放水がどばーっとやられます。
ないとたぶん熱中症で死人が出る…日陰なんかないし。

何年か前、エルレガーデンが昼の12時台にこのマリンスタジアムでやったとき、アリーナに15分くらいいただけで気持ち悪くなりました><
そして前方は「モッシュ」といっておしくら饅頭状態になります。普通に圧死しそうになります。
「ダイブ」といって人の頭の上に人が泳いできたりもします。
どちらも禁止行為なんだけど、まあ、なくなりません。
即売会で言うと、座り込みが絶対になくならないのと同じかな^^;


好きなアーティストは前で見たいから頑張って前にいってもみくちゃにされつつも、一体感をあじわったり、ちょっと気になるアーティストを後方からまったり聞いたりと、楽しみ方は自由です。

参加アーティストが決まりだすのが今の時期なんだけど、それが発表されると、参加アーティストのCD買って勉強してみたりと、新しいアーティストとの出会うことができたりと、とても楽しいものなのです^^

そして、ロックフェスというと、なんかみんなどんな格好してくるのと思うかもしれないけど、上の図のようなスタイルが大半です。
オシャレとはむしろ無縁…(=_=
みんな、自分の好きなアーティストのTシャツとか、サマソニのオリジナルTシャツ着ています^^背中に全参加アーティスト名が羅列してプリントしてあったりで、思い出になるのです。
おれはサマソニ08年に参加したぜー!的な^^

キャミソールとか着ちゃうと、日焼けすごい事になるし、スカートとか不便極まりなく、靴もミュールとか履いた日には「お前!おれを踏み殺す気か!!」みたいな感じです。まあ、混んでますし。
ステージ前方に行かなくても、後方で見てるにもヒールあるのは向かないかな。
とにかくやたら歩くので。会場の移動とかで。会場に居るだけで汗すごい事になります。

Gパンは、汗を吸うと重くなるので、めちゃめちゃ疲れるので不向き。
手ぶらで居られるように、ポケットの沢山ついたカゴパンがベスト。

あと、サマソニは屋台の出展もとても楽しいです^^
世界各国の料理の屋台がずらーっと並びます。
お笑いステージも毎回あります。ガチャピンとか来てたこともあった。クラウザーさんとか。

でも毎年人気は、球場の外で売ってる「きゅうりまるごと1本の漬物」なんだよね。
暑さと疲労と片手にはビール!であの塩分がたまらなく欲しくなるのです。


ずらずらと書いたのですが、なんで書いたかというと、これと比較してフジロックの事を書きたいからです(笑)
ではのちほど!^^

| 雑記 | 04:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。