にゃんこ中毒

あまぎの同人情報&音楽とか麻雀とか猫とか萌えの雑談

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

嫌われ松子の一生

見てきました。
(たぶんネタバレではないと思うけど気をつけてね)


 


 


 


 


え、えーと・・・・感想・・・


えとですね、私には過去に『心のトラウマ』になった映画がいくつかあるんですが、
この映画もトラウマ入りな感じです(T◇T)


価格評価的には、レディースデーで1000円で見たんですが、
なんだろう今回は判定不能、みたいな(T◇T)


とりあえず怖い。


かなり怖い。


「下妻」と思っていくとかなりヤバイです(T◇T)
映像的には、あの監督のウリである、あのオシャレ(?)な感じやユーモアセンスはたっぷりなんですが、扱ってるテーマが、下妻みたいのではなくて人生について的なことなので、あの監督は逆に表現が上手過ぎたのかも知れないんですが、とにかく


ちょっと鬱なときに一人で見に行くのはやめたほうがいい


と思う・・・。
私、終わってから無言だったもん・・・
映像が怖いとかではないのです。(まあちょっと「うわ~」なとこはありますが)たんたんと可愛い映像で人が壊れていくのです。


ちなみに私が過去にトラウマになった映画は
岩井俊二の「ピクニック」
浅野忠信とCHARAが結婚するきっかけになったヤツね。
精神病院を抜け出して、病院からどこまでもずっと続いている壁を歩き続ける3人の患者の話


たぶんイタリア映画だったと思うんですが「カルネ」
馬の屠殺シーンから始まるやつで、映像がかなりヤバイ。


 


でも、「下妻」とか「松子」の監督の映画の映像手段が好きな方は、
見たことがなければ是非「ムーラン・ルージュ!」も見てみてね。たぶん好きになれるよ。
天城はホントに「ムーラン・ルージュ!」大好きな人です(^ω^)
ミュージカルとか関係なしに本当に素敵な映画なのです。
キラキラしたものが好きな女の子には特に是非見て貰いたい(o→ܫ←o)
サントラも大好き。

| 雑記 | 01:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。